読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hikikomotrip

ブログで旅する27歳ひきこもり

【書評】『ザ・コピーライティング』と『ソーシャル・メディア・マーケティング』はアクセスUPの処方箋【ひきこも書店1月号】

ひきこも書店

f:id:goldenvirginia:20160213184912j:plain

#ひきこも書店は直近1ヶ月でぼくが読んだ書籍の中からおすすめの本をご紹介する月刊マガジンです。

 はじめました!ひきこも書店

ひきこも書店では1ヶ月で30冊程読書するぼくが直近1ヶ月で読んだ書籍の中からおすすめの本をまとめて紹介していきます。ひきこも書店は半分備忘録、半分おすすめ書籍の紹介というスタンスで記事を作っていきます。今月はヴォリューム少なめ、ウェブマーケティング関連の書籍が多めです。それでは早速2016年1月号に行きましょう!

 ソーシャル・メディア・マーケティング

 

 

 

 

このブログHikikomotripは今年に入ってからはじめたんですが、まずブログを沢山の人に知ってもらうためにはどうしたらいいのか、それが全く分かりませんでした。唯一思いついた方法がTwitterを使うアイディア。このおかげでフォロワー数が3週間で500人を超えました。このアイディアが生まれるキッカケとなったのが実践ソーシャル・メディア・マーケティング 戦略・戦術・効果測定の新法則という本。どういう内容かというとSNSやブログを使って伝えたい情報を伝えるべき人にどうやって届けるか、そして行動を促すかを丁寧に解説したメディア戦略の参考書のような書籍です。

  • Webサイトの計測可能な目標の決め方
  • SNSを使った見込み読者の注目の引き方
  • SNSを広告ツールとして使う基本的戦略
  • フォロワーの反応からいかにWebサイトの改善点を見つけるか
  • 自分のWebサイトの価値を知る方法

上記の内容など、マーケティングの各段階別にSNSメディアを利用した基本的なマーケティング戦略について詳しく記されています。ブログに人を集めたいがうまくいかない人、PVはあるのに収益にならない人は一読の価値があります。注意点はHOW TO 本ではないということ。SNSで売上を2倍にするテクニック!みたいな本ではありません。具体的なテクニックというよりは、あくまでマーケティング戦略の本です。中古だとかなり激安で手に入ると思うのでとてもおすすめ。

 

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

 

 

仕事効率化、アイデア創出のための具体的な方法がとにかく沢山載っている本です。サラリーマンにとって、日々の無駄な時間をいかに省き生産性を上げるか、は常に課題となりますよね。IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣は明日からすぐ役立つとっておきのアイディアが詰まっています。まずは本屋さんで立ち読みしてみることをおすすめします。読書慣れしている人なら読破するのに1時間も掛からないかもしれません。「アイデアはすぐメモして捨てろ」というところが印象的でした。

 

Google Analyticsではじめるテストマーケティング

 

 

Webサイト運営者やブロガー御用達Googleが提供する無料アクセス解説ツールのGoogleAnalyticsの活用方法を初心者でも簡単に分かるよう解説した本です。Webマーケティングにおいて、データの分析は超大切。データを制する人がビジネスを制します。Webサイトやブログを運営していて、GoogleAnalyticsを上手く使えてないと思う人にはおすすめの書籍です。バージョンが変わってしまっていることが難点ですがぼくは気になりませんでした。また毎日アナリティクスに触れている方、ブログのデータ分析に満足している方には必要ない書籍でしょう。

 

ザ・コピーライティング

 

 

 

おすすめの書籍です。正直あまり教えたくないほどの良書。どうやって人を惹きつけるタイトルをつければいいのか?手取り足取り教えてくれる最高のコピーライティングの教科書です。ぼくは2/3にこの本を読みました。次の日はじめての382Bの中バズ(2/11現在)、6日後には49B (2/11現在)の小バズが起きました。この本(ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則)がなければなかったバズです。この本の優れたところは、実際に売れた商品のキャッチコピー例を数多く挙げ、一つひとつ「なぜこのキャッチコピーは優れているのか」を丁寧に解説している点です。注目を集める記事タイトルを付けたい人には本当におすすめ。すぐに結果がついてくると思いますよ。

武器としての書く技術

  

 

情報の氾濫したWeb上で読まれる文章とはどんなものか?ということが分かりやすく解説してあります。ブログをはじめたばかりの人には役に立つ書籍でしょう。印象的だったのは「悠長に起承転結している場合ではない」というトピック。はじめに結論を提示する重要性はこの時代ならではの「書く技術」です。また「ブログを使って稼ぐこと」についても70ページ程割いて説明してくれているところが良心的でした。ブログである程度のお金を稼いでみたいと思う方は持っていて損はないと思います。ただ、ぼくはイケダハヤトさんの方法論自体にはあまり共感できませんでした。