読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hikikomotrip

ブログで旅する27歳ひきこもり

ひきこも WEEKLY Vol.3

ひきこもWEEKLY

こんにちは、こんばんは。Virginiaです。今週はブログ三週目。さっそく今週いろいろを書き殴っていきます。
Hikikomo Weekly(文法的にあれですが)ではひきこもりの1週間の振り返りなどを気軽に綴っていきます。 

 目次

今週のひきこもり

今週は記事を書くことに集中した1週間でした。ブログはじめたときよりは編集力が身に付いてきた気がします。今後も1日1記事更新できるようにペース配分を守っていきたいと思います。そういうことで、今週はブログのメンテナンスはあまりやってないんですよね。メニューバーを付けてみたくらいかな?どうでしょう、このメニューバー使いやすい?WEBデザインをもっとシンプルで使いやすくしたいんですが、なかなか手を付けられておりません。

 

メニューバーを追加するのに伴って「ひきこもBOOK」というカテゴリーを作ってみました。まだ中身はないんですけどね。どういう内容かというと、ぼくが読んでお薦めできる本の内容を簡単にまとめて紹介するというもの。まあレビューってやつです。ひきこもる前は1ヶ月で30冊くらい本読んでたんですが、その割にどんな内容だったのか忘れちゃうことが多いので、文字に起こしておけばいつでも読み返せるし、皆さんにも役立つことがあるかもしれない、と思って。来週中に1記事くらいレビュー記事を挙げてみたいと思ってます。

 

一応ブログ開設時に一ヶ月の目標を3000PVと読者数50人と決めてたんですね。結構無謀な数字だと思ってたんですけど、2週間ちょいで達成できてしまいました。その直後にある記事がバズってPVがとんでもないことに。急遽一ヶ月の目標PVを30000、読者登録を120人に設定しなおしました。なんとなく人に読まれる記事の作り方がわかったので今度、ぼく独自の記事の作り方をまとめてみたいと思います。要チェック!

今週のおすすめ記事ランキング

1. ぼくが地獄に落ちる前の出来事-ほんの小さな挫折とコンプレックスの種-

この記事は「20歳」をテーマにした記事です。けっこう中途半端に急に終わってビックリされるかもしれないんですが、疲れて書くの辞めちゃったんですよね笑 この記事は個人的に思い入れがあって、実は読み返すだけで毎回ガチ泣きできます笑 だからあまり読まないようにしてます。みなさんも挫折の経験ってありますか?ぼくは苦労を知らない優秀な人より、不器用でもなにかにブチ当たって痛みを知った人に惹かれるんですよね。今週1番のおすすめ記事なので是非読んでみてください。30秒もあれば読めるので。

 

 

2. あなたは10000のアクセスと10の読者どちらを選びますか? -お金を稼ぐためのたった1つのシンプルなこと-

ちょっと釣りっぽいタイトルを付けてみた記事で、結構効果があっておもしろかったです。ぼくのビジョン、価値ある人ってどんな人?ということをみんな大好きお金の話を絡めて説明してみました。この記事は、読む人によって受け取る印象が全然違うと思います。すごい毛嫌いする人もいるかもしれません。是非ご一読を! 

 

3HipHop用語集】日本語ラップ嫌いも楽しめる!【高校生ラップ選手権】のおすすめフリースタイルバトル特集!

はじまりました、日本語ラップ入門シリーズの第二弾記事です!暇な人には超絶おすすめの記事です!高校生がラップで喧嘩する様子をお楽しみ下さい!

 

「ひきこもり」と「海外留学」って何がちがうの?

ひきこもりって社会的にみたら基本マイナス評価。でもそれほんと?というのを問うてみた記事であります。なかなか読みやすく分かりやすく、そして深い記事が書けたんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょう?おすすめです!!

 

5豆腐メンタルのひきこもりだけど批判コメントに返事を書いてみた

佐々木俊尚のTwitterの使い方を真似したら3週間でフォロワーが470人になった という記事がバズったんですね。はじめは優しいコメントや共感のコメントが多かったんですけど、100ブックマークを過ぎた辺りからネガティブコメントが激増して。初めての経験であまりに辛かったんで、なるべく上品に反論してみた記事です。暇な人は読んでみては?

 

今週のひきこもり具合 

今週も週1の外出。図書館に本を調達しに出掛けただけ。でも外に出れないというよりかは、出なかったという感じ?ほんとは今週京都に行く予定があったのですが延期になってしましました。

お知らせ

【企画】初心者ブロガーの3万円の使い道  という企画についてなんですが...

さっそくお蔵入りが決定しました(爆)

いやあ、ちょっと大変でしたねこの企画は。まずアドバイスをもらうのに時間的コストが掛かり過ぎるのがネックでした。内容はむっちゃ面白いと思ってるんですけどね。今後の企画立案に活かしたいです、はい。 

そんな感じか。ではまた来週。ちゃお!

written by Virginia